事業資金はカードローンでも調達できる!方法をチェック

HOME>レポート>事業資金を調達するための知識【カードローンや信用金庫で申し込む】

事業資金を調達するための知識【カードローンや信用金庫で申し込む】

グラフ

運転資金などに最適です

事業経営者にとって、資金の調達は重要な問題だといえるでしょう。事業を続けていくためにはいわゆる運転資金やつなぎ資金などが必要になりますし、さらに事業の拡大のためには設備投資のための資金が必要になります。事業資金が必要な場合には銀行や信用金庫などに融資を依頼することが一般的ですが、金融機関からの融資を受けるためには、事業計画書の提出や保証人の準備などが必要であり、さらに審査には一定の期間が必要になりますので、すぐにお金が必要な場合などには間に合わない可能性があります。事業資金の準備が今すぐに必要な場合には、事業者向けカードローンの利用を検討しましょう。短期間で必要な資金の融資を受けることができますので、運転資金やつなぎ資金の調達に最適なのです。

スマホ

即日融資にも対応します

一般的なカードローンは利用目的が限定されないフリーローンであり、借り入れた資金は自由な目的に利用することができます。ただしその利用はあくまでも個人としてのものに限られるため、事業主個人が借り入れた資金を事業のための資金として活用することは認められません。一方の事業者向けカードローンは最初から事業資金の調達を前提としたローン商品であり、借り入れた資金は運転資金やつなぎ資金などに自由に活用することができます。事業者向けカードローンは銀行や信用金庫などの金融機関が行う有利よりも審査手続きが簡単であり、短期間で借り入れが可能になります。一部には即日融資に対応できる事業者向けローンなどもありますので、事業資金を今すぐ調達したい場合には積極的な活用を検討してみてください。

広告募集中